へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    私は登山の趣味は持たずに生きてきてしまいました。    
    でも、ふもとから眺めるだけでも山は魅力があります。    
         
         
    黒姫山(くろひめやま)    
     黒姫山は私が住む飯綱町から信濃町にかけて、ふるさとの象徴であり母なる山。    
     この山は子供が小さかった頃、二度登りました。    
     全国に同じ名の山はいくつもありますが姿かたちの美しさはこれが一番と思っています。    
     昔、作家のCWニコルさんも「黒姫山が日本で一番美しい」    
 
冬晴れの黒姫とイタヤ
 
   

芽吹き
 
    雪解け
   
   
 
春爛漫の小布施橋から   黒姫の開拓地から
   
   
 
この山は雲が発生しやすい地形です   霧の中から出現した頂上付近
   
   
 
ワラビが出るのはもうちょっと先のこと   もうすぐ田圃仕事の始まり
   
   
 
ここでカラスの群れが帰る光景を見たことがあります   黄砂を貫いた夕日
   
         
    志賀高原    
     あまりにも有名な高原なので、積極的に出掛けることはありませんが紅葉シーズンをメインにちょっとだけ。    
   
   
         
   
   
   
         
   
   
   
         
   
         
    戸隠山(とがくしやま)    
     この山もあまりにも身近で当たり前に見ているので写真はほとんど撮ってありません。    
     「戸隠」の名前が古事記からきていることはうかつにも中年になってから気が付きましたというお粗末。    
 
荒倉山から見た戸隠連峰西岳 絶景です
 
    瑪瑙山(めのうやま)    
     素敵な名前の山です。この山の西斜面に戸隠スキー場があります。    
     県道を信濃町から戸隠に向かう途中、一箇所雑木の間から瑪瑙山に視界が開いたポイントがあります。    
 
 
 
 
 
 
 
 
    return