へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    最近、千曲川に架かる鉄橋と風景の関わりに興味を持つようになり、今まで見てきた水辺の風景がかすんでしまいました。    
    ここでは鉄橋をメインに写真をまとめてみました。    
         
    ○千曲川の鉄橋  村山橋 小布施橋 立ヶ花橋 上今井橋 古牧橋 中央橋 大関橋 柏尾橋 湯滝橋 市川橋 百合居橋 信濃川橋    
    ○湖沼 野尻湖 鏡池    
         
    千曲川の鉄橋    
     長野市と須坂市を結ぶ千曲川の村山橋は鉄道マニアには車道と鉄道が共用する珍しい鉄橋として知られているようですが、    
     ここから下流にはいくつかの鉄橋があります。どの鉄橋も風景に溶け込んで実に絵になります。    
     これを本格的に映像と写真で記録する前にとりあえず撮ってきたスナップ写真から抜粋して紹介します。    
     上流から順に紹介しますが敢えて地図は表示しません。出掛けてみたい方はご自分の足で探してください。    
         
     村山橋(むらやまばし)    
         
   
  長野市と須坂市を結ぶ昭和初期の鉄橋です。
平行して新村山橋が完成、 現在、車と人は旧鉄橋は通れません。
新しい橋では線路の敷設工事が進行中です。
旧村山橋を電車が走る情景はまもなく見られなくなります。
この鉄橋は人と車と電車が共用する、全国でも珍しい橋でとして鉄道マニア
の間では広く知られるところ。
新しい橋になっても鉄道が共用する特徴は引き継がれます。
古い鉄橋はいずれ撤去されるのでしょうが、生かす道はないものでしょうか。
長野市側から須坂市側を望む    
   
   
 
大正拾五年の文字が残っています この銘板を見つけるのが楽しいんです   平成19年7月、豪雨により大増水 天井川と化していました
   
   
 
新しい線路がこれから敷設されます   大正と平成を下から
   
   
  この鉄橋は2009年11月某日、完全に引退しました。
最後の電車が渡る姿は、迷いましたが撮りには行きませんでした。
なぜ行かなかったかと友人に責められましたが、新しい鉄橋が出来る前から
撮り続けていたなら当然ビデオカメラとデジカメを持って張り切って行ったでしょうが、構想のみで終わりました。
この鉄橋と建て替えられた旧国鉄長野駅(善光寺本堂を模した奇抜な造りでした)はもっと早くから計画しておくべきでした。

村山橋についてはサイトを検索すればかなりヒットすると思います。
旧村山橋を須坂に向かう電車    
   
    return    
         
     小布施橋(おぶせばし)    
         
   
  小布施町と対岸の豊野町(市町村合併で今は長野市)を結ぶ橋。
実際は対岸の一部も小布施町です。
この橋は途中で幅が変わるため、大型トラックのすれ違いが困難です。
わかっている運転手は広い方(豊野側)で待機します。
小布施町側から    
   
   
 
1968年(昭和43年)9月完成   冬の朝はこの路面がアイスバーン
   
   
 
北から望む   橋の下は公園  春は一面菜の花畑になります
   
   
 
橋の左は飯綱山 右は越後の妙高山   歩道の彼方に黒姫山
   
    return    
         
     立ヶ花橋(たてがはなばし)    
         
   
  国道117号線から信州中野インターに向かう橋。
昔はこのすぐ上流に赤い鉄橋がありましたが撤去されました。
橋の下を旧道とJR飯山線が通っていて立ヶ花駅があります。
千曲川右岸から    
   
   
 
1992年(平成4年)9月完成   渡った先で117号線と交わります トンネルは北信五岳道路の基点
   
   
 
千曲川左岸 立ヶ花駅から   水位標識が見えます
   
   
 
橋から立ヶ花駅を望む   対岸に立ヶ花駅
   
    return    
         
     上今井橋(かみいまいばし)    
         
   
  旧豊田村上今井から対岸に渡る橋。
交通量の割に幅の広い機能一点張りであまり個性のない橋です。
上今井から中野市に向かう    
   
   
 
1994年(平成6年)7月完成   中野市側から 右奥は斑尾山
   
   
 
上今井側堤防から 左奥に高社山   ご覧の通り交通量は多くありません
   
   
 
千曲川上流に上信越道の橋   さわやかな色です
   
    return    
       
     古牧橋(こまきばし)    
         
   
  国道292号線 中野市から飯山市に渡る橋。
交通の大動脈です。
すぐ上流左岸に桜並木があったのですが弱って切られてしまいましたが
代わりに苗木が植えられていて数十年後には見事な並木になるでしょう。
中野市側から飯山市側    
   
   
 
1963年(昭和38年)8月完成   端の先は飯山市
   
   
 
近くの丘の上から 千曲川は画面奥で夜間瀬側と合流   鉄骨の空洞に鳥の巣が
   
   
 
こんなところに草が   時間帯を問わず車の往来は激しいです
   
    return    
       
     中央橋(ちゅうおうばし)    
         
   
  道117号線から木島、野沢温泉方面に向かう橋。
昔の幹線道路ですが今は上流の綱切橋を使ったほうが便利です。
117号から 鮮やかなマゼンタ    
   
   
 
1956年(昭和31年)4月完成   長野電鉄の路線バスが決まり
   
   
 
上流の綱切橋方面から 山並みの先は越後の国   五月の河川敷は一面菜の花で埋めつくされます
   
   
 
塗り替えを全部しなかったので色がマチマチ   対岸から
   
    return    
       
     大関橋(おおぜきばし)    
         
   
  菜の花が一面に咲いた頃、この橋は写真家たちの定番のアクセント。
個人的には菜の花畑の丘から見下ろすよりもひとつ下流の常盤大橋から
の 眺めが好きです。
写真を撮る人はどうして自分の感性と足で被写体を探そうとしないのか、昔
から嫌悪感が。
千曲川右岸から    
   
   
 
1965年(昭和40年)12月完成   上流に高社山
   
   
 
定番中の定番菜の花畑のポイントから 奥は常盤大橋   常盤大橋から見たほうが決まると思います
   
   
   
この橋はやはりこの色でないと    
   
   
 
117号線側から 結構長い端です   交通量は少ないものの歩道が無いので歩いて渡るのは危険
   
    return    
       
     柏尾橋(かしをばし)    
         
   
  大関橋の下流、常盤大橋を過ぎると左手に地味で見落としてしまいそうな橋が見えてきます。
これは除外しようとも思いましたが、無個性も個性のうち。
仲間に入れてあげることにしました。
ところがロケハンをしていて面白い事を発見。
2枚目の写真をご覧ください。
どの橋にもある銘板が無いんです。
しっかりねじ止めしてあって自然に剥がれたとは考えられません。
で、代わりにその下に別の銘板を取り付けたらしいのですが作りがいい加減で、ただの鉄板状態。
これは、もしかして昔盗まれたんじゃないかと勝手に推測。

もうひとつの発見は、橋名が「かしお」ではなく「かしを」ということ。
どっちでもいいといえばそれまでですが、面白い。
117号線側から この先に飯山線戸狩野沢温泉駅があります    
   
   
 
銘板が付いていた痕 ねじが切れています   橋の上に案内板
   
   
 
対岸下流から ここでも高社山が   今回鉄橋を見て歩いて初めて気づいた巨大な鎖
   
   
 
ほら、「かしお」じゃなくて「かしを」   錆びた鉄骨に後付けの銘板?
   
    return    
         
     湯滝橋(ゆたきばし)    
         
   
  折悪しく湯滝橋は塗装工事中。
完成は2009年9月の予定です。
塗り終わればきれいな水色になることでしょう。
今から楽しみです。
なお、上の柏尾橋と湯滝橋の両方が見えるポイントが千曲川左岸にあるのですが、映像ならカメラを振れば表現できますが写真では不可能。
興味のある方は探しに行ってみてください。
この日は片側通行    
   
   
 
1964年(昭和39年)9月完成   ガードマンの目を盗んでパチリ
   
   
 
千曲川左岸から 川を見たら鯉の群れが 泳いでいました   下は塗り終わっていました
   
   
 
右に見えるのは昔のつり橋の跡 風情があったことでしょう
早く塗り終わった姿が見たい    
   
   

09.8 予定よりひと月早く塗装が完了しました
 
    緑の木々にさわやかな水色が似合います
   
   
 
雪景色の中で水色が映えます
12月 雪の季節の幕開け    
   
   
   
    冷たそうな千曲川
   
    return    
         
     市川橋(いちかわばし)    
         
   
  これが真打!

この上なく美しい橋です。
晴れてよし、曇ってよし、雨もまたよし。
まだ見ていませんが雪景色の中の赤い橋は想像しただけで感動。
吹雪、冬晴れ。
今からわくわくします。

すでにこの橋の美しさに惹かれて写真を撮っている方がおられるでしょうがそれはそれ。
工房からそれほど遠くない地の利を生かしてこれからじっくり腰をすえて取り組みます。
となるとカメラもこだわりたいし、もちろん映像も撮りたいし、楽しい苦しみがまた増えました。
余計な言葉は不要でしょう。写真にコメントはつけません。    
   
   
 
     
   
   
 
     
   
   
 
     
   
   
 
     
   
   
 
     
   
   
   
     
   
   
 
     
   
   
   
     
   
    return    
         
     百合居橋(ゆりいばし)    
         
   
  117号線を当たり前に走るとこの橋は見えません。
私も2年くらい前に通った覚えがあるのに見つけるのに苦労しました。
橋の名前がわかっていれば地図ですぐわかるのですが、普段はそこまで考えないものです。
スノーシェッドから    
   
   
 
1960年(昭和35年)1月完成   路面は最近舗装したばかり
   
   
 
対岸は箕作(みつくり)   欄干が低いので高所恐怖症だと怖い
   
   
   
なんと素敵な名前    
   
   
 
  杉林の先
   
   
   
    紅葉 標高は高くありませんが意外に綺麗です
   
    return    
         
     信濃川橋(しなのがわばし)    
         
   
 
この端を渡ると飯山線津南駅です   対岸から
   
   
 
1961年(昭和36年)3月完成 錆び錆び   昔の鉄橋の作りです
   
   
 
いろいろな鳥と花の飾りがついています   「信濃川橋」とはずいぶんいい加減、じゃなくて大まかな名前
   
   


河岸段丘に向かう山道を駆け上がると眼下に鉄橋が見えます

 

千曲川は新潟県に入ると名前が信濃川に変わります。
それは小学校で習ったことで誰でも知っていますが理由は何でしょうね。
当工房では自主制作映像作品の第二弾として千曲川の鉄橋に注目、
09年8月、この信濃川橋から収録を開始しました。
完成までおそらく3年はかかると思いますが今から張り切ってロケハンに
飛び回っています。
    こちらは閑静な温泉街の裏山から
   
   
 
真冬 117号線から津南駅に向かう   下は信濃川
   
   


平成23年1月23日午前
飯山市の雪の様子を見に行ったら先日の雨でだいぶ雪が解けていたので津南まで足を伸ばして行ってきました。
途中、県境上空に雪雲が流れていて、津南は大粒の雪が降り始めていました。
この季節に津南を訪れたのは初めてでしたが工房のある飯綱町とはまるで別世界でした。
 
    津南駅側から
   
    return    
         
     野尻湖    
     上水内郡信濃町の野尻湖は国際的な避暑地。    
     工房から車で15分程ですが、通りがかりにしか写真は撮りません。    
     湖とは別に、湖畔の山野草は何枚も撮りましたが「野山の草木」にまとめて置いてあります。    
   
 
     
   
   
 
     
   
    return    
         
     鏡池    
     ここは紅葉シーズンに写真家の皆さんが全国から訪れます。    
     確かに綺麗ですが、正直、飽きました。もうこんな所は撮りたいと思いません。    
   
 
     
   
   
ここも定番の撮影ポイントがあって、数メートル四方にカメラマンが鈴なりに
なってシャッターを切ります。
皆さんが狙うのは早朝、日の出の時間帯。
日が上がって風が吹き始めると湖面に波が出て都合が悪いそうで、一斉に
引き揚げていきます。
へそまがりなんでしょうか、どうしてもその他大勢の一人にはなりたくないん
です。
でも、ここがきれいに撮れたら引き伸ばして額に入れたら素敵でしょうね。
 
     
   
   
 
     
   
    return