へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    何気なしに足を踏み入れた山裾。    
    強烈な蝉時雨の中に埋没した旧い神社。    
    山のお宮はどれも時空を超越した不思議な空間です。    
    それぞれ出来たいきさつや伝統行事があるのでしょうが、それはさておいて身近にある非日常の魅力を写真で記録してみました。    
    まだ本格的にまとめてはありませんが代表的なものをご紹介します。    
    なお、善光寺は寺としての体質に問題があり、個人的に全く興味がありませんので触れません。    
         
    ○中野市桜沢 白山姫神社(はくさんひめじんじゃ)    
     同名の神社が同じ中野市の立ヶ花にもありますが、関係があるのかは知りません。    
    ○鬼無里村 諏訪神社(すわじんじゃ)    
         
    他にも面白い素材はたくさんあるのですが順次追加していきます。    
         
     白山姫神社(はくさんひめじんじゃ)    
 
中野市桜沢 長野電鉄山ノ内線を湯田中に向かう「ゆけむり号」 画面中央の森の中にお宮があります
 
   
 

この集落の上に北信濃のシンボル、北信五岳(斑尾、妙高、黒姫、戸隠
飯綱)が最もきれいに見えるポイントがあるとのことで、探しに行った帰り
にこのお宮に遭遇。実に雰囲気のある空間です。

以来、すっかり気に入って時折出掛けます。
このお宮はずいぶん歴史のあるもののようで、いつか地元の人に詳しい
話を聞いてみたいと思っています。

この急な坂道を登っていくと    
   
   
   
森の入り口に鳥居があって   手水舎が水音を   森が蝉時雨を
   
   
   
奏でていました   石段の上の拝殿から社殿が見えます   緑青色の鈴
   
   
   
拝殿の中に   いろいろな物が   あって
   
   
   
正面に本殿   急な石段です   境内は夏の日差し
   
   
   
石段を登ると   ここにも鈴   これが実に立派
   
   
   
雌雄の   獅子   想像上の象
   
   
   
本殿の中   ここでお参りします   あたりには
   
   
   
いろいろなものが   あります   重厚で美しい屋根です
   
   
   
本殿から境内と拝殿   右手の杉林から見るとこんな具合   舞台で何かやりたくなります
   
   
       
境内の空は澄み切っていました        
   
    return    
         
     鬼無里村 諏訪神社(すわじんじゃ)    
     秋の盛りに戸隠方面へ紅葉狩りに行ったとき、見つけたお宮。    
     田圃の先に見事な紅葉の塊。そこは崖になっていて、こんもりした木々に埋もれるようにお宮らしき建物。    
     さっそく狭い道を登っていくと、色付いた森に抱かれるようにそのお宮はありました。    
 
今時、萱葺きの拝殿は文化財級 紅葉は逆光が最高です
 
   

街道からふと見ると紅葉した森
 
    険しい崖になっています
   
   
 
逆光の鳥居をくぐると   左手に本殿
   
   
  ここも何度となく通っているのにお宮は気が付きませんでした。
見事に紅葉していたのが幸いして足をとめることができました。
春の芽吹きの頃にまた行ってみたいですね。
見下ろすと田圃と川    
   
   
   
赤い紅葉   橙の紅葉   境内に落ちていました
   
    return