へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    田圃と畑は時として自然と調和して絵のような風景を作り出します。    
    カメラのファインダーを覗きながら、これは写真なんていう安易な手段じゃなくキャンバスか画用紙にたっぷり時間をかけて描くのが正解だと感じています。    
    写真が安易な手段という言い方は反論もあろうかと思いますが、デジタルカメラなら誰でもそこそこに撮れてしまうのは事実。    
    そう思いながら今は安直なデジカメで楽をしてスナップ写真に甘んじていますけど。    
         
    信濃町    
    中野市(旧豊田村)    
    飯綱町(旧三水村)    
    飯綱町(旧三水村)    
    飯山市    
    津南町(県境を越えますが素晴らしいので)    
    ○長野市(平成大合併前の長野市)    
    ○栄村    
         
     信濃町    
     国道18号線を外れると面白い風景が見られます。    
     西は黒姫山麓の開拓地、東は旧三水村と旧豊田村に接するあたりがお勧めです。    
     ちなみに、字は同じですが東京の信濃町とは読みのアクセントが違います。「しなのまち」、が半音上り、まちは下がります。    
     ついでに声を大にして言いたいのですが、信州の地名はアクセントが後ろにあるものが多いんです。間違えている人が多いですよ。    
     小布施は「ぶせ」じゃなくて「おぶせ」佐久は「く)」じゃなくて「咲く(さ)」、諏訪も茅野もそうですし、戸隠は「とくし」は間違いで「とがくし    
     長野は「がの」じゃなくて正しくは「ながの」なんです。なお、長野市の住人でも「なの」と発音するところもあるそうです。    
     私見ですがこれらの間違いはNHKが原因じゃないでしょうか。アナウンサーが赴任した先で地元の人にレクチャーを受けてないんじゃないですかね。    
     一般に、NHKのアナウンサーは絶対正しい読み方をしているという思い違いがあるのでは。    
     そういう私だって、TVに毒されて間違ったアクセントでしゃべってるに違いありません。TVが地方の文化を足元から破壊してる!    
   
  生まれ育った須坂市から旧牟礼村に移り住んで20年、
最初に気づいたのは信濃町の風景の素晴らしさ。
信濃町出身だったらたぶん一生知らずに過ぎたでしょう。
信濃町と牟礼村は隣同士。
付かず離れずの距離が良かったのだと思います。
旅人の目でもないし住人の目でもない、絶妙の関係です。
これは戸隠、鬼無里、飯山、豊田村も同じこと。
つくづく絶好のロケーションに居あわせたものだと幸運に感謝。
これからも北信濃をベースに動き回ることにします。
信濃町の東の端です 右奥に黒姫山 左奥は飯綱山 間に戸隠連峰    
   
   
   
まだ山陰に残雪   稲刈り間近   冬を待つばかり
   
   
 
きれいな田圃が
 
たくさんあります
県道37号線から西に入ると        
   
   
       
黒姫とカンゾウ        
   
   
 

20年近く前です。
梅雨の雨が小止みになったので当時乗っていた三菱JEEPで気ままに
信濃町を走っていた時、霧が舞う山道を登っていくと見慣れない畑に
出 ました。
アジサイのような低い木が並んでいて花が咲いていました。
それは甘茶。
霧が晴れるとそこは黒姫山麓の広大な開拓地。
それからこの開拓地は何度も訪れることになりました。
夏の終わりには広い蕎麦畑が一面白い花をつけます。
蕎麦の花がこんなに綺麗だったとは。

いつだったか、畑の持ち主の親父さんとも話していろいろ聞かせても
らったこともあります。

   「ほら、これゆうべ熊に食われたモロコシだ」
   「タヌキはモロコシ倒して食うんだ」
   「向こうの林は熊が出るから行かねほうがいい 」

黒姫山麓の開拓地 満開の秋蕎麦    
   
   
   
左を向くと飯綱山   蕎麦の花は秋晴れの空が一番   赤屋根のメルヘン
   
    return    
         
     中野市(旧豊田村)    
     市町村合併しても豊田村は豊田村。    
     この村は隅から隅までまわりましたが、千曲川左岸から斑尾山まで、地形が変化に富んでいて見ごたえがあります。    
 
広く知られているお蕎麦やさん「涌井センター」から奥に入るとこんな田圃があって
 
   
     
秋も結構   これもまた結構    
   
   
   
さらに進むと見晴らしのいい棚田   真夏はこうなって   秋はこんな風景
   
   
   
以前ははざかけをしていたのですが   初冠雪   なぜか初夏に紫シメジ (ちょっといただいて・・・)
   
   
 
言うことなしの情景
   
田植えのおばさんが見えます        
   
   
   
南を望むと松代方面
じゃがいもの花が咲いていました   遥か高社山と中野市街地    
   
   
   
三水村に近い丘です   丘一面がりんご畑   この時期のりんご畑は不思議な雰囲気
   
    return    
       
     飯綱町(旧三水村)    
     飯綱町は旧牟礼村と三水村が市町村合併して出来た町です。    
     当工房は旧牟礼村にありますが、なぜか牟礼側ではあまり魅力的な風景に出会いません。    
     北信濃にいても地元なんて、そんなものかも。    
   
   
三水村は全体がりんご畑みたいなものですが絵になるところは案外少ないんです    
   
   
   
後ろの山は越後の妙高   これがりんごの花 開くと純白   のどかな田舎の情景
   
   
 
秋にはこんなふうに
 
でもりんご畑は激減しました
肥料になる稲藁が丁寧に敷き詰められて        
   
   
   


これが 雪国の春です

   
    return    
       
     飯山市    
     飯山市は広大な面積です。    
     実に変化に富んだところで、行く度に新発見があります。    
     とりあえず菜の花畑をご紹介しましょう。    
 
千曲川河川敷の広大な菜の花畑です  正面は高社山 最近、ここは知られてきてこの手の写真をよく見かけます
 
   
 
今が花の盛り
 
同じ場所の秋
望遠で引っ張るのは趣味ではないんですが        
   
   

山裾の丘は瑞穂 菜の花公園があります
 
                 菜の花開花前の瑞穂 丘の向こうが菜の花公園です
   
    return    
       
     津南町(つなんまち)    
     紅葉の頃、志賀高原から秘境といわれる秋山郷へ行こうとして道を間違え、津南町の広大な田園地帯に迷いこんでしまいました。    
     以来、ここの雄大な風景にすっかり取り憑かれてしまい、折りにつけ足を伸ばしています。    
     ここが日本最大の河岸段丘と知ったのはずっと後のことです。    
 
言葉は不要  これは絶対写真じゃなくて絵で表現したいですよね
 
   
   
田圃の畦は植物の宝庫   水面のきらめきが見えますか   うそのような情景
   
   
   
どこを見ても   宝石のような   風景が
   
   
     
広がっています   羽ばたきの音が聞こえそう    
   
         
 
長い梅雨の先にすでに秋の気配 トンボが飛んでいました
 
   
   
越後で広い田圃は当たり前ですが   ここは次元が違います   道端の花畑がワンポイント
   
   

集落は静かでした
   
    盛夏イコール初秋   でも真夏も存在しました
   
         
 
秋の低い日差しは距離感を強調します
 
         
   

真っ赤なフェラーリがゆっくり走ったら
 
決まるような気がします
 
        ポエムですねえ
   
   

とにかく広々としていてスカッとします
 
この景観はいつまでも見ていたいし
 
        持ち帰りたくなります
   
         
 
晩秋の田圃 日暮れ間近の遠景が稲わらを焚く煙にかすんでいました
 
         
   
   
こんな風景に巡りあうと、この道を走るならどんな乗り物が合うだろうと考えます
今時の車や単車では風景に負けます
逆光は苦手なカメラで   遥かな山並みは信州    
   
         
   
  後で思い出したのですが、以前ここのひまわり畑(かなり有名)を見に
行ったことがありました。
でもそのときはひまわりに気をとられていつもの「必ず脇道に入る」こと
を考えなくてこんな雄大な風景に気がつきませんでした。
知らない土地に行ったらとんぼ返りするんじゃなくて一回りしてみるも
の ですね。
この場所はあまり知られていないらしく、写真や絵を目的に行っている
人には会いませんでしたが自分の事はさておいて、あまり押しかけて
ほ しくはありません。
行くとしても最低限のマナーは守りたいものです。
前田真三さんが生きていてここに来たら喜んだと思いませんか (足跡は私ではありません)    
   
   
   
タバコ畑  私はいまだに喫煙者です   行ったことはありませんが   北海道の雰囲気
   
   
     
ここは当然熊が出るでしょう   足跡をつけたい誘惑    
   
    return    
       
     長野市(旧長野市)    
     飯綱南山麓に火山灰の大地があって野菜が作られています。    
     日当たりは抜群ですが乾燥すると土埃が舞って近くに別荘がありますが大変そう。    
 
正面に戸隠連峰
 
   
   
ビニールハウスをのぞくと   色分けされた野菜の苗   モロコシ畑は肥料用?
   
   

ずいぶん昔の秋です
 
蕎麦の花が満開でした
 
        インゲン豆でしょうか
   
   
    ここは県道からちょっと見えるのですが
誰も奥まで入ってきません。
田舎ではよくある事ですが、ちょっと脇
道に入ると思いがけない風景にめぐり合ったりします。
蕎麦を蒔いた直後 奥に飯綱山   雨上がり    
   
 
蕎麦の葉は成長に伴なって色が変わりますが、光の状況によっても色が全く違います
 
    return    
         
     栄村    
    いつもの習性で映像収録の待ち時間に脇道に入ってみたら素敵な風景に巡りあいました。    
    興奮したネコの目、たぶん私の疲れた目はまん丸になっていたことでしょう。自宅から1時間半のところにこんな風景があったとは。    
    「内なる風景」「心象風景」のひとつに確かに遭遇した歓喜。    
 
この道に不思議な引力を感じて無意識に車を走らせました
 
   
 
切って

ひたすらシャッターを

   
   
   
 
なにはともあれ   感動が消えないうちに
   
   
 
この風景を隅から隅まで   しゃぶりつくして
   
   
 
つかまえようと   必死で無我夢中であふれる思いを
   
   
   
メモリーカードに記憶させました    
   
    しかし、写真は写真。こうして眺めると、第三者にあの感動を写真で伝え、あの感覚を共有することは不可能と気付いて愕然としました。    
    あの日、あの時、あの空間のあの空気感は、写真なんていう安直で幼稚な手段では絶対表現出来るものじゃありません。    
    写真家がいかに理屈を振り回して弁明しようと、写真なんて時間と空間を表現できるわけがないじゃないですか。    
    写真が芸術だなんてとんでもない思い上がりってもんでしょ。    
    return