へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    山村と漁村は否応なしに日本人のイメージにある「ふるさと」    
    北信濃には山村、広くいえば山里の風景、情景が今も方々に残っています。    
    足元にあったふるさとの情景の素晴らしさに気付き、映像で記録を始めて20年。    
    社会の変化は激しく、すでに姿を消した情景がいくつもあります。    
    今となっては貴重な写真と今後間違いなく貴重になる写真で、過ぎた時代と未来について考えてみてください。    
         
    ○鬼無里村 峠の廃屋    
    ○妙高市 樽本    
    ○飯山市 温井 柄山 上境    
    ○中野市(旧豊田村) 奥手山 深沢    
    ○飯綱町(旧三水村) 日向    
    ○長野市松代町 東条    
    ○栄村 或る集落    
         
     鬼無里村 峠の廃屋    
     旧戸隠村宝光社から県道36号線を旧鬼無里村に向かう途中、大望峠手前を右に入ると展望台があって、北アルプスを望む素晴らしい眺めです。     
     この峠を下った「峠」という所に、まるで絵のような山村の原風景がありました。    
     戸隠連峰を背に、山の中腹に萱葺きの古い家。    
     初めてここを通りかかったとき、思わず車を停めて感激!    
     以来、折につけ何度も足を運んで環境ビデオの素材を撮り続けましたが、収録完了を待つように萱葺きの廃屋は取り壊され、二度と見られません。    
         
 
大望峠から鬼無里村 雪山は北アルプス
 
   
  この4枚の画像は1989年から6年かけてビデオカメラで収録した映像
から静止画を切り出したものです。

Cam:sony EDC-50
あとは冬を待つだけ 晩秋の激しい郷愁    
   
   
   
冬晴れのコバルトブルー   寒冷紗の下はタバコ   この猛暑の日、甲子園では決勝戦
   
    return    
         
     妙高市 樽本    
     ここは北信濃ではなくて越後ですが行政区分なんて関係なくぜひ加えたいところです。    
     斑尾山北から新潟県新井に抜ける道を進むと眼下にその集落は忽然と現れます。
   
 
忽然と現れた春の山里 彼方の雲の下は日本海 一度だけ佐渡が見えました
 
   
   
Green   Brown   White
   
   
   
峠を下ると荒れ果てた畑   青屋根の家は廃屋 赤屋根の家は今は無し   美しい田圃
   
   
   
この家は右のお母さんが住んでいます   お母さんとは翌年も会いました   カモシカの足跡?
   
   
   
偶然遭遇したカモシカ 崖に近い傾斜地!   秋が似合います   畑の道端で
   
    この集落の写真は数百枚ありますので順次入れ替えます。    
    return    
         
     飯山市 温井(ぬくい)    
     戸狩から県道95号線に入り、北上、水田地帯を上っていくと私が大好きな雰囲気の空間が出迎えてくれます。    
     ここを抜けて関田峠の入り口が温井(ぬくい)    
     集落は雪解けの頃しか撮ってありませんが四季折々趣があります。    
 
これから異次元空間に入ります キンチョールと金鳥は全国津々浦々に
 
   
 
急な坂道を上る
 
農機具小屋と古いランクル
早春の畦にフキノトウが群生        
   
   
   
もう除雪は不要   お決まりの火の見やぐら   板壁は越後と同じ雰囲気
   
   
   
山の雪解け水です   赤屋根と丸太   牧歌的風情
   
   
   
長電の廃バスとコブシ   車庫   柿の木にカラスの巣
   
 
 

 

暮れていく砂利道

父が押す自転車の荷台で居眠りする私

後ろを歩く母の背中に弟

砂煙を上げて追い越していくボンネットバス

あれはたぶん

母の実家へ行った帰り

私が小学校入学前で、三つ違いの弟はまだよちよち歩きでしたから、
昭和28年か29年頃。
なんでもない日のなんでもない情景が、
場所が違うのにこの道を通る度に懐かしく思い出されます。

温井から戸狩に下る道

   
 
    return    
       
     飯山市 柄山(からやま)    
     温井から峠に向かわず右に入って田圃の中の広い道を行くと広大な鍋倉高原の裾野。    
     深い谷の橋をふたつ渡ると柄山(からやま)集落があります。    
     春から秋までは天井の別世界ですが、冬は想像を絶する雪。生活するには過酷です。    
   
   
4月中旬というのに田圃は雪の下    
   
   

残雪の中で木々は新芽
 
雪が消えた田圃は池のよう
 
        まさに春の小川
   
   
   
晩秋
天然記念物の欅   初夏    
   
   

田圃はどれもこんな状態
 
主を失った家 その後この屋根は崩れました
 
        枯れススキの間から
   
   
   
晩秋 この心細さがたまりません   休耕田の蕎麦   蕎麦の花は秋蕎麦に限ります
   
   
     
原風景   毛糸の帽子はたぶん近所のおばあちゃんが    
   
    return    
       
     飯山市 上境(かみざかい)    
     柄山から千曲川に下りる途中、点々と家があります。    
     春の訪れに当ても無く車を走らせていたら柿の木の根元に群生している福寿草を発見。    
     柿の木と古い農家の組み合わせは絶妙で、時折出掛けます。    
   
   
福寿草は珍しくはありませんがこれはいい
   
   
   
   
畑の土手では水仙が花盛り   柿の木と農家 早春  
   
   

晩秋
 
春間近
 
        道路際 残雪1メートル
   
   
   
道端のお地蔵さん   これで3月下旬   真冬は想像がつきません
   
    return    
       
     中野市(旧豊田村)奥手山    
     真夏には珍しく澄んだ空、ひたすら暑い日に汗をかきながら歩いてみました。    
     JR飯山線替佐と蓮(はちす)の中間です。    
     蛇行する千曲川左岸、飯山線と国道117号線が並行する山手で、入り口は気をつけないと見落としてしまいます。    
   
 
国道117号線とJR飯山線
左の写真を撮ったところは後で対岸から見たら下はほとんど崖。
もうちょっと前に出たら墜落したかも。
私は時折こんなことがあって冷や汗をかきます。

しばらく雨が降らないで晴れると千曲川は空を映してこんな色。
右手が下流。
千曲川対岸の崖の上から奥手山全景    
   
   
   
国道117号線からの入り口   集落に入って振り向くと奥に高社山   この道を登ってきました
   
   
   
年季の入った納屋です   無人の公園で   土蔵の窓は重厚
   
   
   
路地が入り組んでいます   真夏の象徴 百日紅   ヤマボウシの実が
   
   
     
暑さに耐える   高台のお地蔵    
   
   
  この写真は上のお地蔵様と同じ場所ですがご覧の通り、以前はここに
萱葺きの古い家がありました。
何気なく撮ったスナップが貴重な写真になりました。
こんなことは日常茶飯事。
とにかく手当たり次第に写真は撮っておくべきです。
     
   
    return    
       
     中野市(旧豊田村)深沢    
     飯山市から長野自動車道豊田飯山インターに向かう117号線の途中から左に入るといきなり集落が現れます。    
     この集落を抜けて山を下ると奥手山の集落に出ます。
   
   
   
秋深まる山里    
   
   
   
畑の緑は収穫間近の野沢菜   軽トラックが似合う坂道   紅葉の時期は過ぎました
   
   
   
子供たちが跳びまわっただろう庭   廃屋が目立ちます   秋の日差し
   
   
   
別に意味はありません   立派な土蔵です   山の手にお宮がありました
   
   
     
ここから見ると   こんな情景    
   
    return    
       
     飯綱町(旧三水村)日向(ひなた)    
     限界集落を通り越してここは廃村。    
     賑やかな時代もあったのでしょうが、今は杉林の奥で廃墟と化しています。    
     うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしかの川    
   
 
集落の入り口
 
人の気配なし
谷間の家        
   
   
   
狭い坂道の上にも家が   新築した時もあったはず   振り向くと
   
   
   
雪に埋もれたら真っ暗かも   使われない洗濯機がぽつんと   主を失った家は
   
   
   
この郷愁に満ちた空間を表現するには
モノクロでしょうね。
それもデジカメじゃなくてフイルム。
やがて大地に還ります   最後に煙突から煙が出たのはいつの事か
   
   
    return    
       
     松代町 東条(ひがしじょう)    
     杏の里といえば普通の感覚では千曲市(旧更埴市)森を連想しますが私は松代のほうが好きです。    
     皆神山の北斜面は点在する集落を埋め尽くす一面の杏畑でそれは見事。    
     なによりいいのは更埴ほど賑やかではないので、ゆっくり出来ること。    
   
   
皆神山の北に広がる杏畑 間もなく満開    
   
   
 
背後は険しい山並   落ち着く空間です
   
   
 
              遥か西に残雪の北アルプス                  いい雰囲気のお屋敷
   
   
 
             畑の隅に懐かしい木のりんご箱が                    杏畑の中の道
   
   
 
カメラを持ってゆっくり歩いてみました
            石垣を積むのは大変だったことでしょう    
   
   
   
奥の山を越えると地蔵峠を経て菅平に出ます    
   
    return    
       
     栄村 或る集落    
     国道117号から旧道に入り、千曲川を百合井橋で渡って左に入り、山道を登っていくと、山の中とは思えぬ広い田園。    
     天上の別天地のような不思議な空間があります。    
     自分だけの秘密のスポットにしておきたいので敢えて地名は伏せておきますが、写真の世界では知られた集落で、訪れる人が結構いるようです。    
   
 
晩秋の田圃と畑 思わず車を停めてカメラを向けました   山あいの集落です
   
   


低い丘が独特の空間を構成しています

 
    この小さな祠は何でしょうか
   
   
 
今は広々としていますが冬は豪雪地です   あたりは静かでお年寄りしか見かけません
   
   
 
県宝に指定されている旧家のおばあちゃん   初対面なのにお招きにあずかり、お茶を飲みながらお話を聞いてきました
   
    このおばあちゃん、今年の農作業が終わってのんびりしているところで、初対面の私にお茶と漬物を出してもてなしてくれました。    
    話がはずんですっかり長居、再会を約束しておいとましました。    
   
 
ここの風景が気に入って紅葉が終わる頃再び   行ってみました
   
   
 
開放感いっぱいの空間です   陽だまりは紅葉のなごり
   
    今回は時間が限られていたのでおばあちゃんのところへは顔を出しませんでした。    
    それにしても旅人の目には実にいいところ。ここは四季折々風情があるんでしょうね。    
    平成23年3月12日夜中、栄村を中心に発生した地震で、このあたりも大きな被害を受けました。    
    この集落は今後どういうことになるのでしょうか。気がかりです。    
    return