へそまがりの旅ガイド 〜北信濃編〜 Top Guide  
  出発前に 古い街並 郷愁の山里 田圃と畑 野山の草木 お寺とお宮 生き物 水辺 鉄道  
     
    昔からの街道筋は、交通の円滑化のため近くにバイパスが出来ると奇跡的に何世代か前の街並が残ります。    
    私が生まれ育った信州では妻籠、馬篭に代表される宿場町は典型的な例で、観光地として多くの人が訪れますが、それはそれとして、    
    名もない街道筋は生活感に満ちた不思議な魅力があります。    
    面白いのは、そこに居る人たちは当たり前の風景としか見ていないという事。    
    もちろん、観光ガイドブックにも載っていませんから、よほどへそまがりでない限り旅人がやってくることもありません。    
    日頃、どこへ出掛けても帰りはなるべく通ったことのない道にそれるようにしていますが、面白いところが次々に見つかります。    
    ここでお見せするのはほんの一部ですが、おいおいに追加していきます。    
         
    JR飯山線替佐駅前商店街    
    JR飯山線上今井駅周辺    
    古牧橋南の旧道    
    飯山市蓮 茂右ヱ門新田    
    長野市 三才駅周辺    
   

中野市 中央通り

   
         
     JR飯山線 替佐駅前商店街    
     ここは古い街道ですが、西側にバイパスが開かれ、国道117号線となってからほとんど地元の人しか通らないため、    
     まるで昭和30年代のようなたたづまいが残っています。    
   
 

若い頃、この道は何度も通っているはずなのに
あまり記憶にありません。
というのは、昔はこんな風景が当たり前だったからでしょう。
改めてここを訪れると火事で焼失した子供の頃の長屋を懐かしく思い出
します。

三角ベースの野球、かくれんぼ、栃若の熱戦を夢中になって見た銭湯、
仲間が総出で見た黄金バットの紙芝居。

そんな昔の町並みが無言のうちに姿を消していきます。

商店街を北側から 逆光が実にいい感じ 真ん中を歩いても交通量が少ないから平気    
   
   
   
上の写真左側の建物 取り壊されました   路地を入ると錆たリヤカーが   実に洒落たお庭ですね
   
   
   
酒屋さんの土蔵でしょうか   路線バスが走っています   駅前の物置の看板がいい雰囲気
   
   
   
替佐駅 「鉄道」のページに写真多数あり   待合室   踏み切り 替佐駅は左方向
   
   
       
替佐駅前        
   
    return    
         
     JR飯山線上今井駅周辺    
     替佐駅のひとつ南、上今井駅はわかりづらい場所にあってそれがまた面白いんです。    
     このあたりは路地が迷路になっていてかくれんぼにはもってこい。    
   
   
涙が出そうな懐かしい店構え    
   
   
   
都会でこんなお店があったら大受け   店先にさり気なくレトロな自転車   上今井駅は路地裏に
   
   
   
火の見やぐらの周辺は何処も絵になります   道に入ったら軒先にモロコシが   ゆっくり歩きたくなります
   
   
   
この看板が無ければ駅は見つかりません   幼い兄弟が遊んでいました   この裸電球の家はもうありません
   
   
     
セイタカアワダチソウに囲まれて   酒屋さん 思わず地酒を買いたくなります    
   
    return    
         
     古牧橋南の旧道    
     中野市から飯山市に向かう国道292号線は田園地帯をひたすら真っ直ぐに伸び、古牧橋に向かいます。    
     この道のすぐ西側に旧道があるのですが、これがまたいい感じの街並なんです。    
   
   
国道292号線を北から この西側(右)に旧道があります 奥の高架は工事中の新幹線    
   
   
   
北から見た古牧橋   古牧橋を渡って右に入るとバス停   数年前までこんなバス停でした
   
   
   
路線バスが走る道を進むと   徐々に不思議な空間が   展開してきます
   
   
   
童話の青い屋根   振り返ると   定番の火の見やぐらも
   
   
   
この日の路線バスは女性の運転手   芸術的な散乱   廃屋でしょうか
   
   
     
この先に何があるか   シンメトリー    
   
    return    
         
     飯山市蓮 茂右ヱ門新田    
     「もえもんしんでん」と読みます。    
     上信越道豊田飯山インターに向かう新道が出来てこの旧道は交通量が減って静かになりました。    
     何がどうしたという事はないんですが、ここはほっとします。    
   
   
これだけの短い区間ですがいい雰囲気です    
   
   
   
この建物はもうありません   火の見やぐらの下に出荷場   消防ポンプ小屋の窓
   
   
   
脇道は畑から山にへ   ここは青い屋根が多いみたい   梅雨の合間の空
   
   
   
アオイが咲き終わる頃夏が来ます   錆た消火栓と水仙翁   さっき子猫が縁の下へ
   
   
退屈で平和な情景
 
夏蕎麦が満開
    火の見やぐらがアクセント    
   
    return    
       
     長野市 三才駅周辺    
     JR三才駅周辺から駒沢団地に至る通りはなんてごちゃごちゃしているんだろうと見ていましたが、或る晴れた日に通りかかったら全くイメージが違ってい    
     ました。以来、いつか晴れた夏の午後、西日の逆光のタイミングで写真を撮ろうとチャンスを狙っていました。    
     待ちに待った機会に喜び勇んでカメラを持って行って来ましたが写真で空間のイメージを伝える難しさを痛感、でもまあ見てやってください。    
   
   
三才駅 「さんさい」 子供の三才の記念に訪れる人もいます    
   
   
   
三才駅遠景   駅から通りを見る   逆光が似合うと思います
   
   
   
決して綺麗な街ではありませんが   何とも言えない雰囲気   これはみんな飲み屋さん
   
   
   
カラフルな看板に夏の直射日光   長野電鉄の路線バスです   さり気ない日常
   
   
   
支度中の飲み屋さんの酒瓶    
   
   
 
振り向くと遠い山並み
 


小さな郵便局

平成24年正月、通りがかりに寄って年賀状を買いましたが奥の和室にこたつが見えました

脇に川があって        
   
   
   
この街の独特の雰囲気の元は   駒沢団地   年季の入ったアパートが何棟も並んで
   
   
   
昔、このあたりに知り合いの夫婦がいました   この感じがいいんです   通りをはさんだ丘は
   
   
   
新興住宅街   「駒沢団地」バス停です   戻った三才駅は列車が並んでいました
   
    三才駅の北、山の手に住宅街が広がっています。この丘の上には東長野病院とか聖泉女学院があるのですがそちらから下に下りてみました。    
   
 
晴れていれば遠く山並みが見えます
 
かなりの傾斜地です
公園脇の石段を下ります        
   
   
   
坂道で空間が上下に広がっています
これは私のお気に入りの空間   下から見ると    
   
   
     
  公園で見かけた足の不自由なネコ    
   
    return    
         
     中野市 中央通り    
    道を間違えて入り込んだ一方通行の通り。なんとキュートな商店街でしょう!    
    東京の下町にはこんな雰囲気の商店街がいくらでもありますが田舎では貴重な存在となりました。    
   
 
朱色の街灯のポールが実に似合ってます  

♪粋な黒塀見越しの松に

   
   
 
路地から   小さめのお店が何件もあります
   
   

おあつらえ向きの自転車が
 
洒落たショーウィンドウ
 
        お花屋さん
   
   

おばあちゃん 買い物かな
   
几帳面に並んだ自転車
    晩秋の澄んだ空    
   
    次回はここで買い物をしましょう。    
    return