団塊世代の言いたい放題 Top Guide  
  まえがき プロレス 自動車 宗教法人 テレビ 還暦の趣味 逆玉手箱 震災      
 
    「プロレスは八百長だよ」「プロレスはショーだよ」    
    だからどうしたってんだ!    
    今の世の中、政治経済社会何もかもが八百長じゃないか。    
    談合って、言葉を変えれば、いや、変えなくても談合は八百長と同義語。食品偽装も然り。「根回し」も。    
    ずいぶん昔だが、亡くなった親父がNHKのど自慢を見に行ったらディレクターが舞台の脇で合図したら拍手するようにと客に指示したそうな。    
    国会の質疑応答も前日に打ち合わせ済み。    
    財界の談合に政治家と官僚が絡めば即税金の使われ方に直結、我々は間接的に実害を受けるわけでプロレスで八百長があろうとガチンコだろうとそれは    
    ファンがその試合を納得し楽しめればいいんで、こちらが何か被害を受けるわけじゃない。    
    「プロレスは八百長」という人の頭の中はどうなってるんだ。    
    プロレス以外世の中はすべて本気だとでも思っているのか。おそらく無菌培養された人間に違いない。    
    せめて「プロレス八百長」程度の言い方なら勘弁できるのだが。    
    とにかく何が何でもプロレスを八百長にしないと気がすまないらしくて、ガチの試合が売りのNOAHで三沢光晴がリングで亡くなったのも演出で実は生きて    
    いるなんて言いかねない。    
    ていうか、プロレスファンが居る所日本中津々浦々隈なく回って「プロレスは八百長だよ、ショーだよ」と触れ歩いた連中がいる。    
    プロレスファンに「八百長云々」はいろいろな意味で絶対に言ってはいけない。    
    じゃプロ野球は正真正銘ガチンコと言い切れるのか。    
    日本シリーズが100%ガチと言い切れるか、7勝7敗の力士が千秋楽で勝つ確率と日本シリーズがもつれて7戦までいく確率と違いがあるのか。    
    大リーグもNBAも完全にショーじゃないか。    
    今は禁止されたがF1のチームオーダーは八百長とどう違うのか、シューマッハをチャンピオンにするためにトップ走行中のチームメイトバリチェロにペース    
    ダウンを指示したのは当時のモータースポーツ界では常識で通っていた「チームオーダー」、言わば八百長。    
    「真剣勝負」という言葉も最近やたら聞くが、真剣とは本身の剣だと思うが。    
    本来の意味では真剣勝負は命がけで戦う場合に使う言葉で、負けは死を意味する。    
    戦争は別として現代の「スポーツ」に真剣勝負など絶対あり得ない。    
    プロ野球好きの友人に意地悪な質問をしたことがある。    
    「プロ野球ではどうして1塁にヘッドスライディングしないんだい?」    
    もちろん場合によってはヘッドスライディングすることもあるが、ピッチャーゴロの結果は見なくてもバッターのアクションはわかる。    
    ピッチャーもわきまえているからあわてて送球しない。    
    友人が返答に困ったようなのでこちらから助け舟を出した。    
    「ま、高校野球じゃないんだから、いちいち全力ヘッドスライディングしてたらお客が疲れちゃうよな。」    
    というわけで話は終わったが、野球に全く興味の無いおばちゃんが高校野球は見るというのはよくわかる。    
    昔、朝日新聞で読んだ小さな記事が忘れられない。プロ野球の内幕を知っている人は本気で見ていないそうだ。    
    監督がピッチャーに「手加減せんか」と言ったことがあったそうな。    
    とはいえ、プロレスも昔はひどい試合があった。    
    リング下に落ちたブッチャーが自分で額を切ってリングに上がった時は顔が流血で真っ赤だったり、同じくジャンボ鶴田がリング下に転落、若手が周りを囲    
    んで何かして(額を切った?)その後顔面血だらけなんてのも見た。    
    いまどきあんな試合をしたら客が怒って帰っちまう。    
    日テレの方針で中継が打ち切られて地上波では見られなくなったがNOAHはいい。    
    鉄人小橋と弟子の潮崎のチョップ、今は亡き三沢のエルボー、秋山のエクスプロイダー、森嶋のバックドロップ、田上火山の噴火。    
    出稼ぎ組では高山のエベレストジャーマン、佐々木健介の逆水平。    
    故三沢光春は小橋建太と幾度も素晴らしい試合をし、「いつかどちらか死ぬな」と言ったことがある。    
    よくプロレスは善玉と悪玉がいるというが三沢と小橋の場合、善玉はどっちで悪玉はどっち?    
    なお、プロレス団体は多数あって、中には筋書きありを前提にして客も承知で成立しているところもあるがそれはそれで構わない。    
    結論が出ないが八百長だろうがガチンコだろうが、プロレス万歳!大相撲万歳!モータースポーツ万歳!野球以外のプロスポーツ万歳!    
    大相撲の八百長問題については栃若時代熱中した世代のファンとしてコメントはないが、メディアの対応は今回も馬鹿で話にならない。    
    なにかというと海外の反応を伝えるのに相撲の件では知る限り動きは無い、ということは、どういうこと?    
    モンゴルでの反応なんて、知りたいところだが。    
    大相撲の八百長の件でスポーツ評論家の二宮清純氏がプロ野球とサッカーは真剣勝負だと言い切った。    
    だから「今日のプロ野球は真剣勝負ですとは言わないでしょ」    
    唖然とした。冗談じゃない。    
    特に昨シーズン「野球は筋書きの無いドラマ」も「真剣勝負」も耳にタコが出来るくらい聞いたセリフで妙に違和感があった。    
   

追記 女子フィギアスケートの韓国選手Kに関する八百長疑惑はネットで検索すると出る出る!

   
    ヨーロッパサッカーとマフィアの関係なんかもみんな知ってて黙ってる公然の秘密みたい。    
    日本でも某ボクシングジムとY組の関係なんてのがあって、裏は汚いらしい。    
         
    世の中というものは常に動いている。    
    これを書いているのは2011年2月16日だが、中国のオリンピック選手の年齢詐称疑惑問題が浮上。    
    とんでもない国があったもので、みんなで笑いものにしよう。