Premierによる編集からDVD作成までの成功例/失敗例 Top Guide  
  まえがき キャプチャ 編集 エンコード オーサリング コピー パッケージ テレシネ YouTube 自主映画  
     
    焼けたDVDをマスターにして数十枚単位でコピーするのはひたすら根気仕事。素直な子供がいればわずかなお小遣いでやってくれるかも知れません。    
    コピーで一番気をつけるのが、生ディスクの扱いで、プレゼントにしろ売るにしろ、人様に渡すのですから必ず適切な手袋を着用して手垢や指紋を付けない    
    ようにします。焼いたディスクは後でレーベル印刷するでしょうから机の上なんかに置かず、埃が付かない所にきちんと整理します。50枚入りとか100枚入り    
    の生ディスクを買うと円筒のしっかりしたケースに入っていますが、あれがお勧め。用が済んでも捨てずに持っているとレーベル印刷するときも便利です。    
   
       
100枚入り生ディスクケース        
   
    数百枚のコピーになる場合はドライブの耐久性も問題で、過去、信頼していたPioneerの製品が途中で焼けなくなったことがあります。    
    そのときは急いでいたので急遽新しいドライブを買ってきて凌ぎましたが、後に他のPCに取り付けたら正常でしたのでソフトウェアかドライバーの問題だっ    
    たのかも知れませんが、一度トラブルが出たドライブは使わないのが正解でしょう。    
         
    続く